トップページ > 分析情報 > VALUE株投資戦術 急落銘柄から割安銘柄を発掘する

バリュー株投資戦術2: 急落銘柄から割安銘柄を発掘する (2019年4月1日更新)

何らかのショックによって企業の株価がパニック的に急落することがあります。
このとき、株価が適正価格を下回れば、その株を買うことで中長期的なリターンを期待することができます。

以下では、直近1週間または直近2週間に、対TOPIXで15%以上下落した銘柄を表示しています

銘柄の抽出には、「対TOPIXで15%以上下落」と次の4つの条件、さらに、ヒストリカルボラティリティと過去3カ月の株価水準に関する条件(非開示)を付加しています。 日本の証券取引所に上場する全ての企業が抽出対象となります。
・自己資本比率が40%以上
・有利子負債額が営業利益過去3年平均の5倍以内
・過去3カ月間の1日当たりの売買代金の平均が1千万円以上
・上場後3年を経過

【直近1週間に対TOPIXで15%以上下落した銘柄】
2019年4月1日より、利益相反関係が生じる可能性に配慮し、情報の提供を休止しています。

【直近2週間に対TOPIXで15%以上下落した銘柄】
2019年4月1日より、利益相反関係が生じる可能性に配慮し、情報の提供を休止しています。

【留意事項】
ここで表示された銘柄は、必ずしも割安銘柄であることを示すわけではありません。機械的に、また、比較的緩い条件で抽出しているため、割安でない銘柄も少なからず含まれます。
投資を行う際は、当該企業やマーケット動向の十分な調査分析をおすすめします。

【補足事項】
分析対象銘柄の情報は、Yahoo!ファイナンスや各企業のIRホームページ等を参照しています。

【利益相反について】
本分析は、一定の条件のもとで機械的に抽出した銘柄を表示しているだけなので、投資推奨にはあたりません。 従って、運営者と当該企業の利益相反関係の表示は行いません。

【ご利用にあたって】
当LLPおよび当LLPパートナーが提供する情報により万が一問題あるいは損害が発生した場合、当LLPおよび当LLPパートナーは一切の責任および賠償を負いません。
当LLPおよび当LLPパートナーが提供する情報に関する著作権は 当LLPおよび当LLPパートナーに属します。 当LLPおよび当LLPパートナーが提供する情報を当LLPおよび当LLPパートナーの許可なく商業的、政治的な目的等に使用することを一切禁止します。 これに反した場合は、著作権法等の規定に基づいて、当LLPおよび当LLPパートナーは差止請求および損害賠償請求等を行う場合があります。
当LLPの分析の模倣品を作成し商業的、政治的な目的等に使用することを一切禁止します。 これに反した場合は、不正競争防止法等の規定に基づいて、当LLPおよび当LLPパートナーは差止請求および損害賠償請求等を行う場合があります。