トップページ > 事業者向けサービス

再生可能エネルギー事業(太陽光発電事業、バイオマス発電事業など)の事業性を、投資家・事業者の視点から評価を行います。 設計出力による評価に加えて、売電実績、気象データによる調整などを反映した評価も可能です。

対象者 評価レポート 説明
投資家
事業者
「適正価格バリュエーション」 事業の適正価格を評価します。
「収益性バリュエーション」 事業の収益性を評価します。
「収益性ストレステスト」 事業環境の複数のストレスシナリオを設定してストレステストを行い、事業の収益性のリスクを評価します。
「収益性シナリオ分析」 事業環境の複数のシナリオを設定してシナリオ分析を行い、事業の収益性を評価します。
「収益性スキャニング」 事業の主要なリスクファクターの確率的シナリオを設定して、収益性のファイナンシャルスキャニング(確率分布計算)を行い、事業の収益性のリスク特性(IRR at Risk、回収額 at Riskなど)を評価します。
「売電額予測」 売電実績、および、過去の気象データをもとに、将来の売電額を予測します。予測にはAIの一種である機械学習を用います。
「地域分散マトリックス」 太陽光発電事業ポートフォリオの地域による分散効果を高めるための目安を示します。
金融機関
投資家
事業者
「デットカバレッジバリュエーション」 借入に対する返済余力を評価します。
「デットカバレッジストレステスト」 事業環境の複数のシナリオを設定してストレステストを行い、借入に対する返済余力を評価します。
「デットカバレッジスキャニング」 事業の主要なリスクファクターの確率的シナリオを設定して、デットカバレッジスキャニングのファイナンシャルスキャニング(確率分布計算)を行い、デットカバレッジのリスク特性(DSCR at Riskなど)を評価します。