トップページ > 個人向けサービス > サービスの流れ

キャッシュフロー分析サービスは、次のように段階に分けて行います。

@ 必要に応じて、前段階として、教育費のキャッシュフローを教育費キャッシュフローで作成します。将来の教育費支出の推移や金額が大きい時期を把握します。
A 第1段階では、キャッシュフロー分析の基礎の部分となる、消費や住宅購入の支出のキャッシュフローを支出キャッシュフローで作成します。将来の支出額の推移や金額が大きい時期を把握します。
B 第2段階では、資金残高キャッシュフローで将来の資金残高の推移を作成します。将来資金が不足する時期やその不足額を把握します。
C 第3段階では、目的に応じて、リスク調整後の資金残高やデフォルト確率、投資へのリスク許容度を把握するファイナンシャルスキャニング、改善策の分析を行うライフオプティマイゼーション、危機発生後の資金残高不足や資金収支変化を把握するクライシスシミュレーション、地震発生後の資金残高不足や資金収支変化を把握する地震シミュレーション、配偶者に不幸が発生した場合のキャッシュフローや追加で必要な死亡保険の金額を把握する遺族シミュレーション、離婚後のキャッシュフローを把握する離婚シミュレーション、支出を変更して資金残高推移のシミュレーションを行う教育費シミュレーション基本生活費・娯楽費シミュレーション住宅購入価格シミュレーション家賃シミュレーション臨時的支出シミュレーション、収入を変更して資金残高推移のシミュレーションを行う所得カーブシミュレーション臨時的収入シミュレーション、税率を変更して資金残高推移のシミュレーションを行う消費税率シミュレーションへと進みます。

支出キャッシュフロー 資金残高キャッシュフロー 教育費キャッシュフロー ファイナンシャルスキャニング ライフオプティマイゼーション クライシスシミュレーション 地震シミュレーション 遺族シミュレーション 離婚シミュレーション 教育費シミュレーション 基本生活費・娯楽費シミュレーション 住宅購入価格シミュレーション 家賃シミュレーション 臨時的支出シミュレーション 所得カーブシミュレーション 臨時的収入シミュレーション 消費税率シミュレーション